一時的なスタディ: オープン・ディスカッション #3「東京オリンピック 1940 1964 2020」

12105716_963598840368644_6989607526631035946_n

田中功起+基礎芸術 共同企画
=====
一時的なスタディ: オープン・ディスカッション #3
東京オリンピック 1940 1964 2020
=====

2020年の東京オリンピックに向けてさまざまに展開される(文化)事業とそれに伴う社会環境の変化によって、私たちの生活はどのように変わっていくのでしょうか。スタジアムやエンブレムをめぐる「自由」な議論は私たちの思考をどのように変えていくのでしょうか。この企画では、自由参加で発話のできる場を基礎芸術と共同で作ります。会場ではカフェ業界の第三の波(サードウェーブ)に乗って、ユートピア志向の色濃く残る文化地域であるカルフォルニアのコーヒーを一杯ずついれます。コーヒーは全員に行き渡らないかもしれません。その遅延と香りとノイズの中、会場にきたすべての人びとは臆することなく自由に発話できます。オリンピックを楽しみにしているひとも、それに疑問をもつひとも、関連する文化事業に興味をもつひとも、いぶかるひとも、どうぞご参加ください。

ファシリテーター:井上文雄、齋木克裕、田中功起
コラボレーター:神村恵
基礎芸術のメンバー:粟田大輔、遠藤水城、杉田敦、成相肇、橋本聡、藤井光、佐原しおり、白川昌生

時間:2015年10月23日(金)17:00〜21:00
場所:トーキョーワンダーサイト本郷 スペースA
東京都文京区本郷2-4-16 TEL: 03-5689-5331

予約不要、入場無料、途中入退場可

時間割と三つのテーブル:

17:30 〜 18:30 セッション1 A/B/C 
A:文化政策を読むテーブル
B:体育と体操
C:ジェントリフィケ—ションの話

18:40 〜 19:40 セッション2 A/B/C
A:文化政策を読むテーブル
B:体操(神村恵 + 粟田大輔)
C:自由議題

19:50 〜 21:00 セッション3 A+B+C
A とBとCのテーブルで上がった問題を総合し、ディストリビュートする

OS-XX 都市未来のオペレーション・システムへの序章 第2期


同日13:00より若松地域センター 第1集会室で、以下の企画があります。
基礎芸術 企画「collective studies #2: 『怒りを力に -ACT UPの歴史-』の上映と、危機と非暴力行動についての意見交換」