RECALL #1/ re-curate「Making Homelesses, Editing Sequences 天災は忘れた頃にやってくる」


RECALL #1/ re-curate

「Making Homelesses, Editing Sequences 天災は忘れた頃にやってくる」

基礎芸術では、すでにあるもの、おこなわれたことを対象とし、依頼を受けることなく改変するRECALLプログラムを進めて参ります。
1回目はre-curateとしまして、東京都現代美術館にて開催中のMOTアニュアル2012「Making Situations, Editing Landscapes 風が吹けば桶屋が儲かる」を「Making Homelesses, Editing Sequences 天災は忘れた頃にやってくる」と別のキュレ―ションに改め、会場にてキュレーターのギャラリートークを実施します。

日時:2013年1月25日(金)15:00~
場所:15:00に東京都現代美術館1F企画展示室入口付近に集合
(「MOTアニュアル」展のチケットをあらかじめご用意ください)

キュレーター:成相肇、橋本聡
聞き手:粟田大輔 ほか
企画:基礎芸術 Contemporary Art Think-tank

当日配布された「RECALL#1 re-curate」のプリント(pdf)


成相肇|Hajime Nariai


東京ステーションギャラリー学芸員。1979年生まれ。2005年から2012年まで府中市美術館学芸員。専門は戦後日本の前衛美術。主な企画展に「夏休みこどもびじゅつかん ミマクル・ミラクル」、「石子順造的世界―美術発・マンガ経由・キッチュ行」など。

橋本聡|Satoshi Hashimoto

1977年生まれ(元レオナルド・ダ・ヴィンチ)。最近の企画や発表に、ダンスフォーラムWe dance「試行と交換」(横浜, 2011)、所沢ビエンナーレ「引込線」(2011)、公募主催「あなたのコンセプトを私に売って下さい」(インド, 2011)、グループ展「不幸なる芸術」(switch point, 東京, 2011)、グループ展「Omnilogue: JOURNEY TO THE WEST」(Lalit Kara Academy, ニューデリー, 2012)、「独断と偏見:観客を分けます」(国立新美術館, 2012)、「あなたが埋める、●●●。(仮)」(blanClass, 横浜, 2012)、「14の夕べ」(東京国立近代美術館, 2012)、「P P P P P P P P P P P」(「NEO公共」, 吉祥寺駅近辺, 2012)、「未来芸術家列伝IV」(東京, 2017)など。

粟田大輔|Daisuke Awata
1977年生まれ。美術批評。2011年に立ち上げたアート専門のインターネット放送局「comos-tv」の運営メンバー。論考に「書き換えられるシステム」、「ポスト消費社会と映像の再生産」などがある。展覧会企画に「vivid material」など。http://comos-tv.com/

RECALL #1/ re-curate「Making Homelesses, Editing Sequences 天災は忘れた頃にやってくる」」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: MAIL NEWS NEWS » 1月25日「RECALL #1/ re-curate」・1月29日「場時盗風:美術館のものを奪う計画」

コメントは停止中です。